スポンサーサイト

  • 2015.11.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「印象・日の出」の世界

    • 2013.02.13 Wednesday
    • 10:30


     僕です。所々に息吹き始めた若葉の緑に、春の訪れのその影を感じます。
    さて、今日手に取ったのはモネの画集です。そして適当にページを開いてみると、なんと1872年作「印象・日の出」のページでした。
     印象派の記念碑的作品ともいえるモネの作品です。印象派とは、その流れから簡単に説明すると、新古典とロマンの対立を冷淡に眺めたクールベのリアリズムとマネの風景絵、彼らの反アカデミックな精神のもとに誕生した、新たな芸術運動でした。
     筆触分割という技法で描かれた印象派の作品は、絵の具そのものがもつ自然の光を大事に、光溢れる瞬間をカンバスに打ち付けます。
     原色の見当たらないこの作品において、やはり目を奪うのはいまに昇ってゆこうとする太陽の橙です。辺りはこれが靄に覆われたように淡い色彩によって描かれていますね。
     手前のボートと奥のボート、そして太陽の位置によって遠近感がしっかりとでていますし、何よりこの水平線と空の諧調な様が、印象的な日の出の瞬間を端的に現わしているのではないでしょうか。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    blog parts

    ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


    Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM