スポンサーサイト

  • 2015.11.11 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「斜陽」の世界

    • 2013.03.10 Sunday
    • 11:43
     

     僕です。今朝は曇りです。それも一降りきそうな具合ですが、却ってざあざあとやてくれた方が、道端に溜まった雨水の分だけ心が軽くなるように思うのです。殊に、僕は雨が好きですから。
     さて、今日は太宰治の「斜陽」(1947)を読みました。「津軽」を読んだ事で、彼への色眼鏡を外すことができた僕が、この作品を手にとってレジに並んだことは、至極自然なことかと思います。1947年といえば、彼の死の前年になり、人間失格の完成のそれでもあるわけです。道理で、死や厭世、酒と麻薬と自堕落などの扱いに共通した慣れのようなものが感じられました。然し、この「斜陽」には、そんなものを隅から掃き捨ててしまう程の魅力がありました。彼を認めることをしなかった三島由紀夫も、川端康成への手紙の中で、この「斜陽」にだけは賛辞を送っていたのを思い出します。
     作品の何よりの特徴は主人公が女性だということです。そして一人称視点で語られる作品であることから、太宰は女性になってこの作品を書き上げたのでしょう。そして驚くことに、女性以上の女性を、この文章からありありと思い起してしまうのです。いじらしさや強かさ、そしてこれらに覆われた生への渇望など。果たして太宰は、女性であったのではないかと思ってしまう程でした。中でも主人公の「人間は恋と革命のために生まれてきたのだ」という台詞は、とても印象的で、この作品を象徴するフレーズであるとも思います。
     まごうかたなき太宰作品の傑作。素晴らしかったです。

     未だ釈然としない、この情けない空と睨めっこでもしながら、枯れ落ちた彼女の代わりを探しに行ってこようと思います。

    「津軽」の世界

    • 2013.02.17 Sunday
    • 09:11


     僕です。今日は息抜きに、太宰治の「津軽」(1944)を読みました。
     僕にとっての太宰作品はというと、これが二十歳のときに「人間失格」を読んで以来となります。この作品にあった彼の諧謔心、ニヒリズムにまみれたそのデカダンスに、二十歳の僕は閉口してしまいました。それ以来、僕は意図的に彼の作品を避けるようになってしまいます。とはいえ、書店にて「斜陽」や「ヴィヨンの妻」などを手にとってぱらぱらとやることはあったのですが、どうもその文字を追って行く気にはなれずにいたのです。
     そして今回、この「津軽」を以って、「人間失格」によって齎された彼との確執を摘みだそうと思ったわけです。
     漱石の「硝子戸の中」、中勘助の「銀の匙」と同様、回顧的なものがテーマとなっており、彼は生まれ故郷であった津軽へ三週間の旅に出ます。
     胸のすっきりするような厭味といっては矛盾のように思いますが、そのような痛快を帯びた彼の自嘲的なユーモアがちりばめられ、酒とその肴である景色に流されるままに物語は進んで行きます。
     そしてこの旅行の真の目的である、親族との触れ合いと、彼を育てた女中との再会に、自らの根本を見出すといった、心的な成長を麗しい文章でつらつらと書き綴っていました。
     とはいえ、やはり癖のある文章、表現が目につくことから、好き嫌いのハッキリすることは間違いありません。しかし、猜疑者故に、時折なまなましく切り取る表現力に息をのませられる瞬間、僕は感動していました。
     「人間失格」にあった彼の焦りが、しばしば垣間見えるものの、これは未だ彼を自堕落へと駆り立ててはいない様子でした。
     大好きな作家とは言い難いですが、「津軽」を読むことによって、彼に好きな所を沢山見出すことができたことを嬉しく思います。
     


    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    blog parts

    ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」


    Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM